自動車業界の歴史

自動車業界の歴史は、大正までさかのぼることができます。
第一次大戦後に、帝国陸軍、政府が主導となって、軍用トラックの生産をいくつかの企業がスタートさせたのが始まりです。

そして、現在の自動車会社が創業するのは、昭和に入ってからのことです。

しかし、第二次世界大戦が始まり、自動車産業は停滞し、生産されるのは、軍用のバスやトラックなどがほとんどだったようです。

当時は家庭に乗用車を持つということはほとんどありませんでした。
しかし、現在は一家に1台どころか、セカンドカーなどをもつ家庭も多くなっています。

自動車の最新技術とは?

CMなどでも話題となっている自動車の最新技術の一つ「ぶつからない車」。
車が衝突しそうになった時に、自動でブレーキがかかって、緊急停止してくれるというもの。

この技術は多く普及されてきています。

そのほかにも、高速道路の渋滞時、適切な車間距離を保ってくれたりする機能あるようです。

最近では、ハンドル操作をしなくても、目的の場所まで連れて行ってくれるという車の研究も進められているようです。

これからの自動車技術!

車には必需品となるワイパー。
しかし、邪魔臭かったり、ウインカーと間違えてしまったりと、うっとうしさもあるのではないでしょうか?

自動車の最新技術では、そのワイパーがなくてもいい自動車が開発されているようです。

戦闘機で使用されている技術を応用しているようですが、フロントガラスに超音波を流して、水や泥だけではなく、虫なども寄せ付けないようにするというのです。

これからは、ワイパーのある車が存在しなくなってくるかもしれませんね。